料理するのに最低限揃えておくべき調理器具とは

料理初心者必見!一人暮らしには本当に必要な調理器具だけ揃えよう

>

料理のマストアイテム!種類が豊富な鍋とフライパン

鍋は作りたい料理をイメージして決める

鍋を選ぶ際にあまりにも種類が多くて迷ってしまったら、まずどのような場面で鍋を使いたいのか、頭の中を整理してみましょう。

野菜や乾麺を茹でるためには、それなりの大きさと深さの鍋が必要です。逆に、一人分の味噌汁を作ったりやかん代わりにお茶用のお湯をわかしたりするなら小さいもので十分です。また材質にもそれぞれ特徴があり、ホーロー鍋は煮込み料理に向いていてステンレス製は揚げ物に適しています。

最初に買うなら、軽くて何にでも使える行平鍋が便利です。また取っ手が着脱できる大小セットの鍋は、お手入れが簡単で収納場所を取りません。料理に慣れてきたら、必要に応じて圧力鍋や土鍋などを買い足すとレパートリーが増えてますます料理が楽しくなります。

フライパンは料理の腕前に応じて選択

フライパンは鍋の一種ですので、焼いたり炒めたりに特化しているものの、鍋同様たくさんの種類が出回っています。鍋とセットになっているタイプや、ガラス蓋付きのタイプもあります。

初心者向きなのは、焦げ付きにくいフッ素樹脂加工です。安価で購入できて、お手入れが簡単なのが魅力です。ただし強火や衝撃には弱く、やがてコーティングが剥がれてきますので、食材がくっつくようになってきたら別の素材に目を向けてみるのもよいでしょう。

料理によって使い分けるのが、フライパンの使い方としてはベストです。料理に意欲が湧いてきたら、パスタソース作りに向いているアルミ製や卵料理が得意なチタン製、そして一生使える鉄製など何種類か用意してみてはいかがでしょうか。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ