料理初心者必見!一人暮らしには本当に必要な調理器具だけ揃えよう

料理のカギを握る下準備!必要な器具は素材も形も色々

料理を始めるきっかけの多くは、一人暮らしのスタートです。それまでは家族の誰かが食事の支度をしてくれていたのに、今度は自分が食べるものをすべて自分一人で作らなければならないという壁が立ちはだかります。三食すべてを外食や出来合いの弁当などで済ませるとなると、食費がはね上がってしまいます。しかし家で料理のお手伝いをまったくしてこなかった人にとっては特に、自炊は相当な負担となってのしかかってきます。

一方で、はりきりすぎて調理器具を買いあさる人もいます。自分の料理の力量がわからないまま、スタイリッシュなデザインに惹かれて衝動買いしたり料理研究家のおすすめをとりあえず購入したりするのは危険です。なぜなら、自分の腕前やライフスタイルにはどのような調理器具が合うのかは、実際に料理を始めてみないとわからないからです。例えば菜箸は本当に調理になくてはならないアイテムでしょうか、長すぎてかえって使いづらく割り箸の方が楽に料理できる人もいるのです。

調理器具には初心者向けと中上級者向けのものがありますし、一人暮らしに丁度いいサイズから数人用のサイズまで大きさも様々です。大は小を兼ねるとはいえ、不必要に大きいと一人分の料理を作りにくいし、ましてプロ仕様の器具の扱いは初心者には難しすぎます。ですから最初は、扱いや手入れが簡単でほどよい大きさのものを最低限揃えれば十分です。そして不便さや物足りなさを感じるようになってから、本当に必要なものを少しずつ増やしていくのがベストです。

このサイトでは、調理器具を下ごしらえ・加熱・小物系の三つに分類して、さらに厳選した最低限のものだけをあえて紹介します。自分と料理との関係や方向性とじっくり向き合いながら、楽しく調理するための参考にしてみてください。

このページのTOPへ